「恋人は自分という国への移民」。『ヘドウィグ~』の監督が新作を語る

情報元: Peachy
元記事: 「恋人は自分という国への移民」。『ヘドウィグ~』の監督が新作を語る

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』などで知られるジョン・キャメロン・ミッチェル監督の新作『パーティで女の子に話しかけるには』が公開中です。1977年の英国を舞台にしたラブストーリーで、主人公の内気なパンク少年エンが恋する“遠い惑星からやって来た”美少女ザンを演じるエル・ファニングのキュートさも話題になっています。来日したキャメロン監督から話を聞きました。◆恋人は自分という国への移民――主人公のエンは他の惑星からやってきたザンに恋をします。「君 全文
女子SPA! 12月06日08時46分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 「恋人は自分という国への移民」。『ヘドウィグ~』の監督が新作を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする