【福岡のうまかもん】日々進化する多彩なメニューに注目 「やきとり 五二六」

情報元: Peachy
元記事: 【福岡のうまかもん】日々進化する多彩なメニューに注目 「やきとり 五二六」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

写真右から「ささみ」(237円)、「もも」(216円)、「パクチー豚バラ」(270円)、「えび巻」(324円)、「和牛カルビ」(540円)。食器類は有田焼に統一し、見た目の美しさも重視
福岡市・渡辺通に2017年7月にオープンした「やきとり 五二六(コジロー)」(福岡市中央区)。焼鳥を焼き続けて20年以上の大将が、自身が手がける「やきとり 六三四(ムサシ)」の2号店だ。【写真を見る】「本マグロ刺し」(1058円)は、ハート型のデザイン、花を添えるなどSNS映え抜群の仕上がり■ 創作メニューが秀逸!“六三四イズム”のニューカマー「パクチー豚バラ」(270円)や「カマンベールチーズ」(324円)などの創作串をはじめ、連日多くの客が求める“六三四流”メニューや、同店なら 全文
Walkerplus 12月09日18時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 【福岡のうまかもん】日々進化する多彩なメニューに注目 「やきとり 五二六」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする