【シネマ羅針盤】2018年、ハズせない注目映画はこれだ!<邦画編>

情報元: Peachy
元記事: 【シネマ羅針盤】2018年、ハズせない注目映画はこれだ!<邦画編>

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

Photo by cinemacafe.net
爆発的なヒットが生まれず、安パイだったはずの胸キュン映画やコミックの実写化も低調だった昨年の日本映画界。一方で『あゝ、荒野』をはじめ、個性的で頼もしい秀作が数多く生まれており、重要な転換期を迎えているのも確か。“面白いこと”が起こりそうな予感だ。★日本映画に風穴を白石和彌監督の“突破力”に期待!2018年、最も活躍が期待されるのが白石和彌監督。長編2作目となる『凶悪』(2013年公開)で注目され、『日本で一番悪い奴ら』も絶賛された俊英は、昨年『彼女がそ 全文
cinemacafe.net 01月03日15時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 【シネマ羅針盤】2018年、ハズせない注目映画はこれだ!<邦画編>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする