ディーゼル ブラック ゴールド 2018-19年秋冬コレクション – シャープに解釈された“新民族”

情報元: Peachy
元記事: ディーゼル ブラック ゴールド 2018-19年秋冬コレクション – シャープに解釈された“新民族”

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

ディーゼル ブラック ゴールド 2018-19年秋冬コレクション - シャープに解釈された“新民族”
ディーゼル ブラック ゴールド(DIESEL BLACK GOLD)が、2018-19年秋冬コレクションを2018年1月13日(土)にイタリア・ミラノで発表した。今季のディーゼルは多種多彩な文化を盛り込んだコレクションだ。ファーストルックから次々と登場するエスニックなスタイルには、チマヨ柄やスモッグ刺繍、フリンジ、スタッズといった要素が盛り込まれている。足元はモカシンやフリンジブーツで彩った。メンズのシルエットは、バックロングのオーバーシャツやプルオーバーのレイヤー、コンパクトなア 全文
ファッションプレス 01月13日20時50分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: ディーゼル ブラック ゴールド 2018-19年秋冬コレクション – シャープに解釈された“新民族”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする