第63回 料理の質と低価格の両立にこだわり続ける岐阜・千代保稲荷の老舗「稲金本店」

情報元: Peachy
元記事: 第63回 料理の質と低価格の両立にこだわり続ける岐阜・千代保稲荷の老舗「稲金本店」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

店舗の2Fに飾られている大きなナマズとエビが目印だ/photo by 小塚清彦/(C)KADOKAWA
岐阜県海津市にある千代保稲荷神社。参拝した後は、やはりなんといっても名物のナマズやウナギ料理を味わいたい。それもできるだけリーズナブルに。そんな時にうってつけの店が、東口の大鳥居から徒歩1分の「稲金(いなきん)本店」だ。【写真を見る】香ばしい香りが食欲をそそる「なまずの蒲焼き」(時価)。ほかにコイのあらい、ご飯、吸物が付く「なまず定食」(1300円から2000円)もある/photo by 小塚清彦/(C)KADOKAWA■ ナマズやウナギの料理を低価格で提供戦前にあたる1932(昭和7)年 全文
Walkerplus 02月08日17時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 第63回 料理の質と低価格の両立にこだわり続ける岐阜・千代保稲荷の老舗「稲金本店」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする