音楽の再生から、照明、塩分量の管理までマルチにこなす芸達者なスピーカー「SMALT」

情報元: DesignWorks
元記事: 音楽の再生から、照明、塩分量の管理までマルチにこなす芸達者なスピーカー「SMALT」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

音楽を楽しむためのスピーカー。最近ではスマートフォンと連携できるタイプが増え、何かと多機能化が進んでいます。今回ご紹介するのもそんな多機能なスピーカーのひとつ「SMALT」です。

smalt2

音楽の再生から、テーブルライト、塩分量の管理までマルチにこなすダイニング用のスピーカーです。まずは製品のプロモーションビデオがありますので、そちらをご確認下さい。

動画は以下より

smalt1

smalt3

Bluetoothと連携して、全ての機能のをスマートフォンで行うことができ、また、音量の調整やプレイリストの変更などもスムーズ。食卓の中央に置いて使うことを想定していますので、直接手で触れずに調整できるのは魅力的です。また照明はON/OFFだけでなく、照明のカラーは青や赤、イエローなど食事の席の雰囲気に合わせて変更可能で、単なる明かりとしてだけでなくムードライトとしても活躍します。さらに注目したいのが、塩分量を管理してくれるソルトディスペンサーとしての機能。この「SMALT」を使用することで、一日にどのくらいの塩を消費したのか把握することができ、塩分量の管理が容易になるのだとか。

最近何かと耳にする機会の増えたIoTですが、塩分量の管理もできるとは驚きですね。テーブル周りにあると便利な機能をIoT技術で一つに集約した、スマートで芸達者なスピーカー。ぜひ使ってみたいですね。

SMALT: The World's First Interactive Centerpiece | Indiegogo

―― 引用ここまで ――

情報元: DesignWorks
元記事: 音楽の再生から、照明、塩分量の管理までマルチにこなす芸達者なスピーカー「SMALT」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする