第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」

情報元: Peachy
元記事: 第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

駅に隣接した宇治山田ショッピングセンター内にある「まんぷく食堂」。外からの入口も設けられている/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA
三重県伊勢市の宇治山田駅に隣接した商業施設「宇治山田ショッピングセンター」の中に、“伊勢のソウルフード”を出すと評判の店がある。「まんぷく食堂」だ。【写真を見る】スパイシーに味付けされた唐揚げを卵でとじてライスにのせた、看板メニューの「からあげ丼」(630円)/photo by 加藤山往/(C)KADOKAWA■ 板前が夢を形にした「まんぷく食堂」「まんぷく食堂」の創業は1975(昭和50)年のこと。和食の板前だった鋤柄(すきがら)広彦さんが28歳で「自分の店を持ちたい」と独立してスタ 全文
Walkerplus 02月14日12時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 第69回 板前が生んだ伊勢のソウルフード「まんぷく食堂」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする