子宮摘出手術を受けたレナ・ダナムが「子どもを諦めない」理由

情報元: Peachy
元記事: 子宮摘出手術を受けたレナ・ダナムが「子どもを諦めない」理由

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


ドラマ『GIRLS』のクリエイターかつ、主人公ハンナを演じたレナ・ダナム。彼女が手がけることになった新たなテレビドラマに、ジェニファー・ガーナーが出演することで話題になったばかりだけれど、そんな明るいニュースの裏で、子宮を摘出していたことを告白。 2015年に発表したエッセーで、女性の10人に1人が発症すると言われている子宮内膜症に長年苦しまされていると明かしていた、レナ。子宮内膜症とは、子宮内にあるはずの子宮内膜が他の場所にできる病気。子宮内膜症と診断され 全文
コスモポリタン 02月14日19時30分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 子宮摘出手術を受けたレナ・ダナムが「子どもを諦めない」理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする