わかりやすくするために最小限に簡略化された縦置きタイプのコンパクトプリンター「PAPER」

情報元: DesignWorks
元記事: わかりやすくするために最小限に簡略化された縦置きタイプのコンパクトプリンター「PAPER」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

プリンタは、オフィスや自宅など場所問わず、使用されている機器。ですが、意外と使い勝手が分からないものでもあるのではないでしょうか。紙つまりが起きると、どこでどうなっているかわからない複雑な構造、インク残量や取り替える場所が分かりづらいなど、そういった従来のプリンターの問題点を解消した画期的なコンパクトプリンター「PAPER」をご紹介していきます。

Ludwig_Rensch_top

鮮やかなオレンジがポップで可愛いらしいデザイン。見るからにコンパクトな外観ですが、プリンターの機能としてはどうなのか。下記に動画を掲載していますので、ご覧下さい。

詳しくは以下

Ludwig_Rensch01

Ludwig_Rensch02

Ludwig_Rensch03

本体上部にあるライトの数によってインク残量がすぐ分かるようになっており、インク切れをした際はここを開けて交換するだけ。スキャンとコピーの切り替えの際もスライドスイッチにすることによって直感的な使用ができるように工夫がされています。枚数の設定はダイヤル式となっているので音量を上げる感覚で操作することが可能。非常にコンパクトですが、コピーとスキャナーとしての機能が搭載されており、スキャンは裏側についてる部分を開くことで使用できます。

最小限のシンプルな設計にすることによってユーザーの混乱を防ぎ、使いやすさを向上させた今回の「PAPER」。自宅で使用する分には機能も申し分なく、スペースを取ることもないので最適なガジェット。ぜひチェックしてみてください。

Ludwig Rensch

―― 引用ここまで ――

情報元: DesignWorks
元記事: わかりやすくするために最小限に簡略化された縦置きタイプのコンパクトプリンター「PAPER」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする