【インタビュー】エドゥアルド・デルック監督が語る ゴーギャンが味わった人生の敗北、そして画家としての成功

情報元: Peachy
元記事: 【インタビュー】エドゥアルド・デルック監督が語る ゴーギャンが味わった人生の敗北、そして画家としての成功

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

Photo by cinemacafe.net
19世紀を代表する芸術家として、いまも多くの人々に称賛され、愛されている画家ポール・ゴーギャン。誕生から170年を迎える今年、彼の創作に大きな影響を与えたタヒチ時代の秘密を描いた『ゴーギャンタヒチ、楽園への旅』が公開されます。映画のベースとなったのはゴーギャンが自ら書いた紀行エッセー「ノア・ノア」(Noa Noa)。この本に惹かれ、壮絶なまでに野性を求め、自己の芸術を追い求めた男の姿を映し出したエドゥアルド・デルック監督に話を伺いました。―いまでこそ芸術史 全文
cinemacafe.net 02月15日08時30分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 【インタビュー】エドゥアルド・デルック監督が語る ゴーギャンが味わった人生の敗北、そして画家としての成功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする