いま“韓国文学”がおもしろい! 翻訳家オススメの3冊とは

情報元: Peachy
元記事: いま“韓国文学”がおもしろい! 翻訳家オススメの3冊とは

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


ここ数年、韓国の小説が数多く邦訳されるようになってきたことにお気づきだろうか。複数の出版社が、気鋭の作家たちの面白い作品を続々紹介中。そんな韓国文学の活況を牽引する翻訳家のひとりが、斎藤真理子さん。なぜ韓国文学の人気に火がついたのか、おすすめ作品とともに解説していただいた。韓国の傑作小説が、続々と邦訳。この面白さに乗り遅れるな!「韓国の40代以下の若い世代に、格段に面白い小説を書く作家が増えたことは大きいです。観察眼に長けていて、素材の切り取り方や 全文
ananweb 03月14日20時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: いま“韓国文学”がおもしろい! 翻訳家オススメの3冊とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする