大杉漣、最後の主演作『教誨師』公開へ!死刑囚と向き合う男を「いいね、やろうよ」

情報元: Peachy
元記事: 大杉漣、最後の主演作『教誨師』公開へ!死刑囚と向き合う男を「いいね、やろうよ」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

Photo by cinemacafe.net
先日、惜しくも急逝した大杉漣が主演とエグゼクティブプロデューサーを務め、6人の死刑囚と向き合う男を描いた映画『教誨師』が、10月6日(土)より公開されることが決定した。“教誨師”とは、受刑者に対して道徳心の育成や、心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く存在。大杉さん演じる主人公・佐伯は、死刑囚専門の教誨師である牧師。独房で孤独な生活を送る死刑囚にとって、教誨師はよき理解者であり、話し相手。真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始したり、 全文
cinemacafe.net 03月15日00時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 大杉漣、最後の主演作『教誨師』公開へ!死刑囚と向き合う男を「いいね、やろうよ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする