内臓機能を高め、柔軟性アップ!しっかり体を使ったヨガポーズ

情報元: Peachy
元記事: 内臓機能を高め、柔軟性アップ!しっかり体を使ったヨガポーズ

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

パーダーングシュタ・アーサナ
こんにちは、コラムニストの愛子です。以前に何度かご紹介したヨガポーズと同じく、今回ご紹介するのは前屈ポーズ。前屈ポーズには、内臓機能や柔軟性を高めるなどたくさんの効果が期待できます。同じポーズを極めるのもいいですが、バリエーションが増えるとよりヨガライフが楽しくなるはず♪パーダーングシュタ・アーサナパーダは「足」、アングシュタは「足の親指」という意味です。(1)姿勢を正し、両足を腰幅程度に開いて立つ。(2)息を吐きながら前屈し、手の親指、人差し指、 全文
美LAB. 03月27日20時50分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 内臓機能を高め、柔軟性アップ!しっかり体を使ったヨガポーズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする