「死刑制度」は必要? 堀潤が考える“加害者の人権”

情報元: Peachy
元記事: 「死刑制度」は必要? 堀潤が考える“加害者の人権”

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する連載「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「死刑制度」です。世界は廃止が主流。加害者の人権をどう捉えるか。1989年~‘95年に起きた一連のオウム真理教事件。関連する刑事裁判がすべて終結し、麻原彰晃死刑囚をはじめ、死刑が確定した13人の刑の執行もまもなく行われるといわれています。日本の死刑の歴史は古く、5世紀の仁徳天皇時代からあり、現在の刑法に定められたのは明治40年です。しかし、世界で 全文
ananweb 05月16日22時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 「死刑制度」は必要? 堀潤が考える“加害者の人権”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする