不老不死の薬を作ろうとして大爆発!?黒色火薬を生んだ錬丹術師の“失敗”とは

情報元: Peachy
元記事: 不老不死の薬を作ろうとして大爆発!?黒色火薬を生んだ錬丹術師の“失敗”とは

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

秦の始皇帝の時代、万里の長城では硝石を使って狼煙(のろし)をあげていたとも言われる/(C)photolibrary
花火の原料は火薬であるから、その歴史は火薬の歴史ともいえる。硝石と硫黄と木炭で組成される黒色火薬がいつ発明されたのかは諸説あるが、誕生の地は中国だ。しかも一説には、とある“失敗”から生まれたとも言われている――。知っていると自慢できる、花火にまつわるエピソードを紹介しよう。【写真を見る】『真元妙道要略』には錬丹の試みの中で生じた火薬燃焼の失敗例が記されている(写真はイメージ)/ゲッティイメージズ■ 花火の歴史は火薬の歴史火薬の燃焼性が初めて記された文 全文
Walkerplus 06月14日18時10分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 不老不死の薬を作ろうとして大爆発!?黒色火薬を生んだ錬丹術師の“失敗”とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする