兄は精神障害者…懸命に看護を続ける両親を救った祖父母の言葉とは #19

情報元: Peachy
元記事: 兄は精神障害者…懸命に看護を続ける両親を救った祖父母の言葉とは #19

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


“私の兄は、障害者”。見て見ぬ振りして、直視できない現実を避けるように生きてきた、妹目線の連載です。精神を患った兄につきっきりになってから、気づけば早10年。走り続けた両親に安堵を与えたのは、祖母や祖父の言葉でした。文・心音(ここね)【兄は障害者】vol. 19“頑張る気持ち” は、どんどん首を締めるばかり兄の状態が変化し始めてから、気づけば10年近くが過ぎていました。母は仕事をやめて、平日は仕事の父も休日は病院に同行。薬の飲み忘れがないようにフォローしたり、 全文
ananweb 06月23日19時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 兄は精神障害者…懸命に看護を続ける両親を救った祖父母の言葉とは #19

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする