「好きだよ、可愛い」。ベッドでの常套句を駆使し、モテ期を堪能する商社マンの秘めたる思い

情報元: Peachy
元記事: 「好きだよ、可愛い」。ベッドでの常套句を駆使し、モテ期を堪能する商社マンの秘めたる思い

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


-なぜ今、思い出すのだろう?若く、それゆえ傲慢だった同級生・相沢里奈の、目を声を、ぬくもりを。持ち前の器用さと明るい性格で比較的イージーに人生の駒を進めてきた一条廉(いちじょう・れん)。しかし東京は、平穏な幸せを簡単に許してくれない。運命の悪戯が、二人の男女の人生を交差させる。これは、“男サイド”を描いたストーリー。まるで青春ドラマのような学生生活を過ごした廉は卒業後、難なく第一志望の総合商社に就職を決める。“商社マン”となった廉を待っていたのは 全文
東京カレンダー 07月04日05時05分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 「好きだよ、可愛い」。ベッドでの常套句を駆使し、モテ期を堪能する商社マンの秘めたる思い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする