プラスチック製の粘土で作られた電子回路板「An Intricate Circuit Board Formed with Thousands of Miniature Modeling Clay Pieces by Tim Easley」

情報元: DesignWorks
元記事: プラスチック製の粘土で作られた電子回路板「An Intricate Circuit Board Formed with Thousands of Miniature Modeling Clay Pieces by Tim Easley」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

今、世界から注目を集めているミニチュア作品。細かな部分にまでこだわった作品はまるで本物。指先ほどの大きさしかないとは思えないほどです。そんな中今回紹介するのは、プラスチック製の粘土で作られた電子回路板「An Intricate Circuit Board Formed with Thousands of Miniature Modeling Clay Pieces by Tim Easley」です。

ClayPieces01

ロンドンに拠点をおくデザイナーのティムさんによって作られた、ミニチュア作品です。

詳しくは以下

ClayPieces02

ClayPieces03

ClayPieces04

回路版と聞くと小さなパーツが隙間なく並び、そこには無数の回路が張り巡らされている様子が思い浮かぶと思います。彼はプラスチック製の粘土を使って指先よりも小さなパーツをいくつも作り、50センチ四方の板の上に電子回路を再現しました。80時間以上かけて制作され作品は、何度も見入ってしまうほど細かく精巧な作品ですね。写真でも紹介しているように、順を追って完成していく様子を見ると作業の細かさを改めて感じます。最終的にはCDジャケットのアートワークとして活用されたようです。

InstagramやTwitterからも彼の手がけるデザインをご覧いただけますので、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

An Intricate Circuit Board Formed with Thousands of Miniature Modeling Clay Pieces by Tim Easley | Colossal
Tim Easley(@timeasley)
Tim Easley(@timeasley) | Twitter

―― 引用ここまで ――

情報元: DesignWorks
元記事: プラスチック製の粘土で作られた電子回路板「An Intricate Circuit Board Formed with Thousands of Miniature Modeling Clay Pieces by Tim Easley」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする