ハナビスト・冴木一馬氏オススメ!音楽を一切使わない昔ながらの花火大会

情報元: Peachy
元記事: ハナビスト・冴木一馬氏オススメ!音楽を一切使わない昔ながらの花火大会

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

幅約1キロメートルの大ナイアガラが水面に映る/写真提供:いむた池納涼花火大会実行委員会
近年の花火大会は、音楽と花火の打ち上げをシンクロさせる「音楽花火」がし主流になりつつある。その一方で、音楽を使わない、昔ながらの風情ある花火も、のんびりしていてよいものである。【写真を見る】潮の匂いを感じながら約1500発を堪能できる/写真提供:洲本市今回は、ハナビスト・冴木一馬氏が選ぶ、音楽を一切使わない、昔ながらの貴重な花火大会を紹介しよう。■ 7月21日宮田祇園祭煙火大会(長野県伊那群)江戸時代から続く、祭りで神輿を階段から投げ落とす奇祭「宮田祇園 全文
Walkerplus 07月13日12時05分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: ハナビスト・冴木一馬氏オススメ!音楽を一切使わない昔ながらの花火大会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする