編集部の“スヌーピー王子”がレポ!巨匠に会えるかも!?な名古屋タカシマヤ「スヌーピー展」が激アツすぎる‼

情報元: Peachy
元記事: 編集部の“スヌーピー王子”がレポ!巨匠に会えるかも!?な名古屋タカシマヤ「スヌーピー展」が激アツすぎる‼

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

【写真を見る】“絆”の文字に、スヌーピーとチャーリー・ブラウンが寄り添うグリフアート。大谷氏の筆を持たせてもらいこの笑顔/(C) 2018 Peanuts Worldwide LLC www.SNOOPY.co.jp
2018年8月27日(月)までの期間中、ジェイアール名古屋タカシマヤで開催している「スヌーピー・ファンタレーション スヌーピー×おもしろサイエンスアート展」。今回プロデューサーを務めるのは、生前のチャールズ・M・シュルツ氏(スヌーピーが登場する漫画「ピーナッツ」の作者)と親交があった日本人アーティストの大谷芳照氏。しかも、会期中は名古屋に滞在されていると聞き、編集部きってのスヌーピー好き、並びに“スヌーピー王子”と呼ばれる伊藤甲介が会場に駆けつけた!!「大谷氏 全文
Walkerplus 08月15日23時31分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 編集部の“スヌーピー王子”がレポ!巨匠に会えるかも!?な名古屋タカシマヤ「スヌーピー展」が激アツすぎる‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする