ルーヴルのピラミッドの中央で輝く 名和晃平の彫刻に込められた意味は

情報元: Peachy
元記事: ルーヴルのピラミッドの中央で輝く 名和晃平の彫刻に込められた意味は

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


日仏友好160年を記念し、2018年7月より、日本の文化芸術を紹介する複合型イベント「ジャポニスム2018:響きあう魂」がフランス・パリを中心に開催されている。江戸絵画、歌舞伎、現代劇、アニメ、現代アートなど、日本が世界に誇る文化芸術を一挙公開。100近くの会場で67の公式イベントを通して、2019年2月まで繰り広げられる。今世紀最大級ともいえる文化芸術の祭典「ジャポニスム2018」のオープニングを飾る展示やイベントの一部を紹介しよう。パリの街角で出会う「ジャポニス 全文
CREA WEB 08月19日08時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: ルーヴルのピラミッドの中央で輝く 名和晃平の彫刻に込められた意味は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする