[CSS]エラーメッセージがある場合とない場合の賢い実装方法「:empty」と「:blank」の使い方

情報元: コリス
元記事: [CSS]エラーメッセージがある場合とない場合の賢い実装方法「:empty」と「:blank」の使い方

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

[CSS]エラーメッセージがある場合とない場合の賢い実装方法「:empty」と「:blank」の使い方

エラーメッセージを実装する際、エラーがある時とエラーがない時の区別は「:empty」や「:blank」を使用すると、非常に簡単にスタイルを定義することができます。 「:empty」と「:blank」、それぞれの違い、実際

…記事の続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: コリス
元記事: [CSS]エラーメッセージがある場合とない場合の賢い実装方法「:empty」と「:blank」の使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする