2階は1日1組限定の宿。 京都カフェで今おすすめしたい、江戸建築をリノベした〈きんせ旅館〉。海外ファンも多数の魅力とは?

情報元: Peachy
元記事: 2階は1日1組限定の宿。 京都カフェで今おすすめしたい、江戸建築をリノベした〈きんせ旅館〉。海外ファンも多数の魅力とは?

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


2018.09.252階は1日1組限定の宿。京都カフェで今おすすめしたい、江戸建築をリノベした〈きんせ旅館〉。海外ファンも多数の魅力とは?京都でも、知る人ぞ知る島原エリアに、宿泊客の9割が外国人という旅館がある。1階には大正末期から昭和にかけて改装したカフェが。その独自の魅力を紐解いた。日本最古の花街に残る、江戸と大正浪漫の和洋折衷西本願寺の西側に位置する島原地区。かつては、揚屋や(高級料亭のような場所)や置屋が軒を連ね、幕末には西郷隆盛や新選組も通ったという 全文
Hanako.tokyo 09月25日14時15分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 2階は1日1組限定の宿。 京都カフェで今おすすめしたい、江戸建築をリノベした〈きんせ旅館〉。海外ファンも多数の魅力とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする