【インタビュー】有村架純 怒涛の20代前半を過ぎても、次々と訪れる“初体験”に胸躍る

情報元: Peachy
元記事: 【インタビュー】有村架純 怒涛の20代前半を過ぎても、次々と訪れる“初体験”に胸躍る

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

有村架純『コーヒーが冷めないうちに』/photo:You Ishii
「怒涛の5年間でしたね」――。有村架純は、20代前半の5年をそんな言葉でふり返った。「あまちゃん」で注目を集めたのが20歳のとき。そこから映画、ドラマに舞台と次々と印象的な役柄を演じ、ものすごいスピードで駆け抜けてきた。おそらく、この先を含めた彼女の女優人生においても、大きな意味を持つ5年間であったことは間違いない。そんな彼女に、もしも、過去に戻れるならば? と尋ねると、この怒涛の5年よりもさらに少し前、仕事を始めて少し経った「高校生活最後の1年」という答 全文
cinemacafe.net 09月25日17時25分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 【インタビュー】有村架純 怒涛の20代前半を過ぎても、次々と訪れる“初体験”に胸躍る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする