しびれ、辛さがクセになる! 神奈川で食べるべき、スパイシー担々麺3選

情報元: Peachy
元記事: しびれ、辛さがクセになる! 神奈川で食べるべき、スパイシー担々麺3選

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

【写真を見る】「担担麺(赤カラ)」(870円)。自家製ラー油にとスープの相性がばっちり
辛さの先に大きな喜びが待っている、魅惑の担々麺が今年も続々参上。辛シビの一杯に、地獄の激辛、川崎系タンタンなどバラエティも豊か!今回は食べ始めたら止まらない、クセになる担々麺を紹介しよう。「汁なし担担麺(黒シビ)」(870円)。しびれるような辛さがクセになる■ 香辛料が効いた肉味噌と自家製ラー油が決め手!「担担麺VS酸拉麺 武双」横浜駅「つけ麺や 武双」のセカンドブランド。担担麺と酸拉麺を2本柱に、自家製ラー油の「赤カラ」と山椒油の「黒シビ」から辛味オイルが選 全文
Walkerplus 10月17日17時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: しびれ、辛さがクセになる! 神奈川で食べるべき、スパイシー担々麺3選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする