版画作家が描いた年賀状を満喫 徳島県の相生森林美術館で「版画作家による年賀状展」

情報元: Peachy
元記事: 版画作家が描いた年賀状を満喫 徳島県の相生森林美術館で「版画作家による年賀状展」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

「木版凸凹摺り」という独自技法で、独創的な版画世界を確立した河内成幸(日本版画協会会員、東京都在住)の作品/河内成幸「親子のいのしし」木版画
徳島県那賀郡那賀町にある相生森林美術館で1月27日(日)まで、「第20回 版画作家による年賀状展」が開催されている。【写真を見る】相生森林美術館の収蔵作家の一人、平木美鶴の作品/平木美鶴木版画毎年年頭に開催しており、今回で20回目を迎える同企画展。全国で活躍している版画家が制作した年賀状を紹介しており、2019年は干支である「亥(いのしし)」をテーマにした作品を中心に展示する。木版画や銅版画など、様々な版画技法を駆使して描かれた個性あふれる作品の数々を楽しめる 全文
Walkerplus 01月13日09時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 版画作家が描いた年賀状を満喫 徳島県の相生森林美術館で「版画作家による年賀状展」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする