マイケル・ペーニャ、“相棒”B・クーパーとイーストウッドを追う『運び屋』

情報元: Peachy
元記事: マイケル・ペーニャ、“相棒”B・クーパーとイーストウッドを追う『運び屋』

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

『運び屋』(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
『アントマン』の“おしゃべり”すぎる相棒としてお馴染みのマイケル・ペーニャが、クリント・イーストウッドの主演&監督最新作『運び屋』に出演。本作ではブラッドリー・クーパーの相棒を演じている。イーストウッド演じる孤独な90歳の男アールが巨大麻薬組織の“伝説の運び屋”となる本作。アールを追いつめる麻薬取締局(DEA)の捜査官を『アメリカン・スナイパー』『アリー/ スター誕生』のブラッドリー・クーパー演じる。そして、彼の“相棒”となる捜査官を演じているのが、シ 全文
cinemacafe.net 01月13日12時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: マイケル・ペーニャ、“相棒”B・クーパーとイーストウッドを追う『運び屋』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする