<ごほうびディナー>名料亭仕込みの技と感性で、季節の移ろいを華やかに表現する「日本料理 小西」|名古屋・新栄町

情報元: Peachy
元記事: <ごほうびディナー>名料亭仕込みの技と感性で、季節の移ろいを華やかに表現する「日本料理 小西」|名古屋・新栄町

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

実直で寡黙な店主と、酒に精通している穏やかな雰囲気の女将が切り盛り
広小路葵南の交差点そば、大通り沿いにありながら、ひっそりとしたたたずまいの「日本料理 小西」(名古屋市中区)。温かい明かりに誘われて暖簾をくぐると、端正な白木のカウンターが迎えてくれる。「京都吉兆」「料亭 河文」などで研鑽を積んだ店主が「型にはまらず、若い方にも日本料理を粋に楽しんでほしい」という思いを込めた店だ。【写真を見る】目を奪われる…華やかな料理の数々をチェック会席料理の顔とも言うべき八寸は、「京都吉兆」時代に身に付けた技と、自然を愛する店主 全文
Walkerplus 02月12日17時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: <ごほうびディナー>名料亭仕込みの技と感性で、季節の移ろいを華やかに表現する「日本料理 小西」|名古屋・新栄町

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする