揺れ動く、思春期の「アイデンティティー」を撮る【女性監督が描く #1】

情報元: Peachy
元記事: 揺れ動く、思春期の「アイデンティティー」を撮る【女性監督が描く #1】

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――


アメリカで大ヒット映画となった映画『ワンダーウーマン』は監督に女性が起用されたことでも話題に。映画業界では、役職、金額面でも女性への性差別は根強く残っているものの、自身の強い思いを伝えるべく世界中で女性監督が活躍を続けている。 そこで今回は、3人の女性映画監督にフューチャー。これまでの生き方や作品作りへの思いを伺った。 1人目は、27歳のイラン人女性、アナヒタ・ガズヴィニザデフ監督。 2017年カンヌ国際映画祭で上映され、世界的に有名な『ピアノ・レッスン』 全文
コスモポリタン 08月22日10時58分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 揺れ動く、思春期の「アイデンティティー」を撮る【女性監督が描く #1】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする