映画史に輝く“ビューティフル・ボーイ”たち…キャリアの岐路で出会った役の共通点とは!?

情報元: Peachy
元記事: 映画史に輝く“ビューティフル・ボーイ”たち…キャリアの岐路で出会った役の共通点とは!?

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

『ビューティフル・ボーイ』(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.
『君の名前で僕を呼んで』で初主演ながらアカデミー賞主演男優賞候補となり、世界中から熱狂的な賛辞が贈られたティモシー・シャラメ。彼の最新作となる『ビューティフル・ボーイ』では一転、薬物依存と闘う青年を「自分を100%捧げた」というほどの役作りを重ねて演じ切った。彼の俳優人生でターニングポイントとなったのは、繊細で卓越した演技力が要求される“同性愛者”と“薬物依存者”という2つの役柄。映画史を紐解いていくと、輝かしいオスカー俳優たちも過去にこの2つの役柄 全文
cinemacafe.net 03月16日16時15分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 映画史に輝く“ビューティフル・ボーイ”たち…キャリアの岐路で出会った役の共通点とは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする