西武新型特急が「レッドアロー」の名を冠さないワケ 「見たことのない新しい車両」を目指し一新

情報元: Peachy
元記事: 西武新型特急が「レッドアロー」の名を冠さないワケ 「見たことのない新しい車両」を目指し一新

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1969年に登場した5000系初代「レッドアロー」
西武鉄道の新型特急車両「Laview」(ラビュー)が、2019年3月16日から営業運転を開始する。建築家の妹島和世氏がデザイン監修を務め、これまでにない外観が特徴的の同車両。西武鉄道はフラッグシップトレインとして位置付け、大きな期待をのぞかせる。だがその一方で、これまでの西武鉄道の特急の愛称であった「レッドアロー」の名は冠さず、その名の由来である赤色の帯も描かれていない。半世紀に渡り受け継がれてきたこの名称は、平成の終わりとともに姿を消すのか。レッドアローの歴 全文
Walkerplus 03月16日17時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 西武新型特急が「レッドアロー」の名を冠さないワケ 「見たことのない新しい車両」を目指し一新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする