阿部寛が“のみとり侍”に! 「気持ちのいい時代劇になれば」共演に斎藤工&前田敦子

情報元: Peachy
元記事: 阿部寛が“のみとり侍”に! 「気持ちのいい時代劇になれば」共演に斎藤工&前田敦子

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

Photo by cinemacafe.net
映画『後妻業の女』などを手掛け、映像の魔術師の異名を持つ鶴橋康夫が約40年、映画化を熱望し続けた時代劇映画『のみとり侍』が製作されることが決定。主演には阿部寛を迎え、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子ら演技派が顔を揃える。■あらすじ越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は、藩主・牧野備前守忠精主催の和歌の会に出席。そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、「明朝より、猫ののみとりとして無様に暮らせ!」と江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じら 全文
cinemacafe.net 09月12日17時25分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 阿部寛が“のみとり侍”に! 「気持ちのいい時代劇になれば」共演に斎藤工&前田敦子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする