旭山動物園「シマフクロウ舎」には、実はあの動物も暮らしていた!

情報元: Peachy
元記事: 旭山動物園「シマフクロウ舎」には、実はあの動物も暮らしていた!

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

旭山動物園・シマフクロウ舎/(写真左から)メスの「モコ」とオスの「ロロ」/(C)旭川市旭山動物園
羽を広げると180cmを超えることもあるという日本最大のフクロウ、シマフクロウ。旭山動物園では、オスの「ロロ」とメスの「モコ」を飼育しています。まだヒナの誕生までには至っていませんが、とても仲の良いペアなので、今後に期待です!旭山動物園・シマフクロウ舎/北海道の森林をイメージした施設2羽が暮らすのは、「エゾシカの森」から少し上がった先にある、シマフクロウ舎。施設内に立てられた擬木の上部には穴が開いていて、ここで卵を産み、抱卵できるようになっています。卵 全文
Walkerplus 09月21日11時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 旭山動物園「シマフクロウ舎」には、実はあの動物も暮らしていた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする