“さいはて”の地で、山と海に一体化した モダンアートを楽しむ!

情報元: Peachy
元記事: “さいはて”の地で、山と海に一体化した モダンアートを楽しむ!

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

作品No.03 深澤孝史「神話の続き」。大陸からの漂着物を神とする信仰も
石川県珠洲市、人口約1万4000人。過疎化が進み、日本で一番人口が少ない市であるが、ただいま「奥能登国際芸術祭」を開催中だ。人口は少ないが、美しい里山、里海、おいしい魚介類、素朴で優しい人々が魅力。今や地方の芸術祭がめじろ押しだが、市民の半数以上が目にしているという、今もっともホットなモダンアートを見に行った!No.38 「炙りBAR」。好きな乾きものを買って珪藻土コンロで焼く。和菓子を軽くあぶってもおいしい三方を海に囲まれた能登半島。冬はグレーの空と荒れ狂う 全文
Walkerplus 10月13日08時16分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: “さいはて”の地で、山と海に一体化した モダンアートを楽しむ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする