【第9回】3世代を重ねて愛され続ける、大須交差点の香ばしい誘惑「角屋」

情報元: Peachy
元記事: 【第9回】3世代を重ねて愛され続ける、大須交差点の香ばしい誘惑「角屋」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

大須商店街の南端、「大須交差点」の北西角に位置する焼鳥店「角屋」
大須通の「大須交差点」の角にある焼鳥店、その名も角屋。営業中には活気あるやり取りが店外に漏れ聞こえ、煙に乗せて焼鳥のおいしそうな香りを漂わせる。交差点を通りがかる人々を誘惑し続ける老舗の1つだ。【写真を見る】たっぷりのタレで味付けされた手羽先(330円)。鶏肉がホロホロと崩れて食べやすい、絶妙な焼き加減だ■ 「継がなきゃもったいない」と言われて交差点に面した焼き場で熱心に調理する3代目店主の間瀬崇文さんは「正直なところ、昔は店を継ぐつもりがほとんどなかっ 全文
Walkerplus 07月07日17時00分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 【第9回】3世代を重ねて愛され続ける、大須交差点の香ばしい誘惑「角屋」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする