新宿に行ったことある? 『ブレードランナー』新作に日本文化の影響

情報元: Peachy
元記事: 新宿に行ったことある? 『ブレードランナー』新作に日本文化の影響

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

Photo by cinemacafe.net
SF映画の金字塔が35年ぶりに“新たな物語”を描く『ブレードランナー 2049』のジャパンプレミアが10月24日(火)、都内で行われ、来日中のハリソン・フォード、共演するシルヴィア・フークス、アナ・デ・アルマス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が出席した。リドリー・スコット監督が手がけた前作『ブレードランナー』から30年後の2049年を舞台に、人類とレプリカントと呼ばれる人造人間の共存を脅かす陰謀を、旧型レプリカントを取り締まる捜査官K(ライアン・ゴズリング)が追求する。ハ 全文
cinemacafe.net 10月24日21時24分

―― 引用ここまで ――

情報元: Peachy
元記事: 新宿に行ったことある? 『ブレードランナー』新作に日本文化の影響

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする